旦那の浮気・・浮気調査に踏み込みました

長年の旦那の浮気・・・とうとう浮気調査の為に探偵に依頼する事に! - 不倫の証拠をつかんでおく

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    不倫の証拠をつかんでおく

    パートナーの不倫は、悲しいものです。
    本人は、楽しいかもしれませんが、裏切られているほうの気持ちは簡単に表現できないくらいでしょう。
    裏切られたショックと、怒りと、自分は必要とされていないという喪失感のようなものが入り混じり、
    複雑な気持ちになるでしょう。
    簡単に離婚することができないこともあります。
    子どもがいれば、離婚は簡単ではないでしょう。
    親の勝手な都合で、両親の揃わない家庭で育つことになるのです。
    子どもが小さいと余計難しいでしょう。
    かといって、簡単に許すこともできませんよね。
    離婚するにしても、夫婦関係を修復するにしても、不倫の証拠をつかんでおくことが重要です。
    探偵事務所に依頼すれば、白黒はっきりつけられます。
    探偵事務所に依頼する以外にも、自分で調査を行うこともできます。
    高度な調査は難しいでしょうが、日頃の怪しいと思ったことをメモしておくだけでも証拠として扱われます。
    また、そのメモを持って、探偵事務所で行くことでスムーズに調査ができることもあります。
    不倫を確信しても、この先どうするのか決めてから行動するようにしましょう。
    先走った行動は、有利に進めることができなくなるので、避けたほうがいいでしょう。

    自分でチェックしてみる

    ご主人が浮気していないかセルフチェックで調べてみましょう。
    帰宅時間が急に遅くなった。
    急に残業・出張が多くなった。
    態度が冷たくなった、もしくは変に優しくなった。
    以前は携帯電話にロックなんてしていなかったのに、ロックがかかっている。
    携帯電話をいじっている時間が多くなった、片時も携帯電話を離さない。
    服装や、持ち物がおしゃれになった。
    知らない間に車の中の小物が増えている。
    このようなことがあれば、浮気の可能性があります。
    これらに共通することは、急に変わることです。
    だんだんと変化していったのではなく、一、二カ月の間で急に変わったということが重要です。
    セルフチェックをしっかり定期的に行うことで、浮気の早期発見につながります。
    ご主人の行動を把握していると、急に変わったことに素早く気づけます。
    離婚するにしても、関係修復にしても、早期に発見することで、浮気相手との関係が深くなる前に手を打つことができます。
    もしも、浮気に気付くのが遅くて、向こうから離婚を切り出してきた場合には、どうすることもできません。
    浮気の証拠もないので、慰謝料は払わないと言われてしまえば、裁判になったとしても不利です。
    離婚を切り出されてからの関係修復なんてほとんどの場合できません。
    早く気づくことで、こちらも準備ができるのです。

    まだ登録されていません。

    早めにサイドバーの登録をお願いします。

    Copyright(C)2014 旦那の浮気・・浮気調査に踏み込みました All Rights Reserved.